ブログ

サポートでの出来事、子育てやワーキングマザーにおすすめの本や気になるあれこれをご紹介しています。

記事一覧

お知らせ

10月から暮らしにかかわる制度が大きく変わっています

社会保険のことも、育児休業のことも、制度を知り、検討するには、自分自身がどうありたいのか、これからどんな人生を作りあげていきたいのかという、自分との対話がないとただの損得の問題となってしまいます。そして、損得勘定は計算間違いが多発するものの代表です。
お知らせ

雇用されている人には経営責任はありませんが、安全責任はあります。

危険なことだとわかっていて、でも、あえてやってしまう。そうしないと仕事がまわらないから…その結果事故が起きる。これは「エラー」ではなく、「リスクテイキング」です。職場のひずみが原因で起きる事故は形式的な事故防止策では防ぐことができません。
お知らせ

人間は誰もがかけがえのないユニークな(唯一の)存在。経済の一要素ではない。

園児がバスに置き去りにされて亡くなってしまう事件は1年前にも起きています。この頻度は「稀な事件」とはいえません。こどもは誰もがかけがえのない唯一の、ユニークな存在です。子どもだけでなく、人間が、この世に存在するすべてのものがそうです。経済の一要素などではありません。
お知らせ

環境が変わるとガラッと変わるものは?

「ふつう」に苦しむ人は多い。普通じゃない、非常識、おかしい、へん…このように評価されて行き場を失っている人は多い。いばしょがないと感じ孤独にさいなまれる人は多い。でも「ふつう」ってなんでしょう。
お知らせ

子育ては「ほめる」よりも「おどろく」byモラハラ対策カウンセラーJoe

ほめて伸ばすというのは、子育てにおいてかなり支持を得ています。でも、「ほめる」というのはどうしても親の価値観が出てしまうので、それいよりは「ほほー」と驚く方がよさそうです。モラハラ対策カウンセラーJoeさんのアドバイスをご紹介します。
お知らせ

病気にならないことより大事なこと

インフルエンザだけではなく、小児のあらゆる感染症が激減しています。このことが本当にいいことなのか。微生物学者で小児科医の本間真二郎さんが危惧しています。病気にならないことよりも大事なことがあります。
お知らせ

夏の終わりに哲学してみよう!

夏の終わりに哲学の森を歩いてみてはどうですか?哲学=難解というイメージがありますが、もっと気軽に、日常の当り前を疑ってみる、自然現象のなぜを考えるからスタートするのがおすすめです。
お知らせ

お盆は通常通りの営業です!

お盆は官庁や銀行などと同様に、通常通りの営業です!よろしくです!
お知らせ

防災を日常生活のルーチンに組み込みましょう!

ひとりで避難するのと、こどもを連れて避難するのではやるべきこと、準備すべきもの、気を付けることは異なります。自分たちの状況に応じた防災方法を学びましょう。基本の基本も押さえておくといいです。防災アナウンサー奥村奈津美さんと自衛隊BOOKがおすすめです。
お知らせ

みんなで元気に活動するには、どんな感染防止対策が必要かな?

経済が優先か、感染拡大防止が優先か…そんな思考停止してる場合じゃないです。経済って、株価や兜町や指数のことじゃないです、みんなの生活そのものです。だから、どんな感染防止対策をしたらみんなで元気に過ごせるかを考えよう。