お知らせ

お知らせ

女性の地位は平安時代も今もあまり変わらない…?

大河ドラマ「光る君へ」を見ていると、平安時代の女性も現代の女性もあまり変わらないな…と思います。髪はあれほど長くなく、十二単ほど衣服は大げさではないけれども、象徴するものは同じです。だからこそ、少し否かなり痛い紫式部や清少納言にも肩入れしてしまうのかも… 藤原道長も脚本はされているけれども、案外あんなキャラだったのかもと思って親しみを感じてしまいます。
お知らせ

お金をかけずに東大・医大に合格する方法!?

数年ぶりに本棚を整理したら、「お金をかけずに東大・医大に合格する逆転の勉強法」という本と再会しました。世間にはびこる通説は根拠があいまい、ということがわかる本です。例えば、国語力はすべての教科の基礎とか、数学のできる子は頭がいいとか…どちらもウソみたいです。ベストセラー作家で精神科医の和田秀樹さんが激押ししている本です。
お知らせ

固定費の見直しでお金と資源の無駄使いにスットプを

固定費の見直しは面倒くさいものです。契約内容を確認したり、生活に生きているのかモニター・分析したり…でも固定費の見直しでお金の無駄使いをなくすことは資源と時間の無駄使いをなくすことにもつながります。
お知らせ

節電・節水は平時からやっておくといいですよ

電気も水もとっても貴重な資源です。停電・断水になるとそのありがたさを実感しますが、元通りになるとありがたさは忘れられ、当り前となってしまいます。でも、いつまでも同じ様に供給されるとは限りません。平時から電気・水を大切に使い、節電・節水を習慣にしましょう!
お知らせ

水分摂取とトイレはセットで考えないといけません。

「水分摂取の大切さはちゃんとわかっています。でもその後のトイレはどうしたらいいんですか、教えてください」被災者の方の切実な訴えです。水分補給とトイレはセットです。そして水分補給にも体を冷やさない、ゆっくり体に水分を吸収させる「やり方」があります。具体的にアドバイスすることが必要です。
お知らせ

水と電気がはやく届き、不要不急の用事がはやくできますように!

お正月元旦に発生した能登地方の地震は少し落ち着きを見せ始めていますが、いまだ孤立状態の人も多くいます。被災者の生活はこれからです。不要不急の用事がでてくるのはこれからです。個人の力が発揮できるのはこれからです。水と電気がはやく届くように!
お知らせ

子どもの命と未来を守る防災を

地震や水害は盆暮れの忖度などしません。1分程度の地震がその後の生活のすべてを変えてしまうことがあります。子どもの命を守れるのは日ごろの、毎日の防災意識、防災行動です。
お知らせ

2023年最後の日です。心ゆくまで2023年をお楽しみください

日々の生活に追われている間にも地球は太陽の周りを一周し、その間自らもくるくる回っていたのですね、365回も。猛スピードで。お疲れさまです。日本では毎日太陽はしっかり上り、しっかり沈みますので、不摂生な生活をしていても、それとなく正常は保てます。でも休みなく活動している地球や太陽に敬意を表しましょうね。年末年始こそ規則正しい生活を!
お知らせ

見たことがなくっても、サンタクロースはいますよ!

サンタクロースはいるのか?いないのか?その答えは…
お知らせ

生活習慣と向き合い、自分自身をいたわりましょう。

就寝時間は不規則でも毎日同じ時間に起きるようにして、自律神経を整えましょう。7~8時ぐらいに起きて太陽の光を浴びて朝ごはんを食べれば、15~16時間後には眠くなります。眠くなったら無理をせずに寝ちゃいましょう。