労働安全衛生

お知らせ

過労死「KAROSHI」は世界の共通語です。20年後は自分のこどもが犠牲になります。

過労死は日本独自のものです。だから「KAROSHI」とそのままの日本語で世界に通用します。メディアは労災認定されたとき、裁判で勝ったときしか騒ぎません。厚労省が認定しないものは過労死とはいいません。警察庁の発表では仕事関連の死亡は厚労省の過労死をはるかに上回っています。
お知らせ

家の中での「労災」に気を付けて!家も職場も同じです。

労災といっても、雇用されている人だけの話ではありません。労災防止はすべての災害防止の基本です。職場での労働安全衛生はそのまま家庭内で通用します。職場の機械で亡くなったりケガをしないよう気を付けることはそのまま家電製品に応用できます。職場で気をつけるべきことは同じように家庭内でも気を付けてください。