母の日にもらったカーネーションを来年も咲かせよう!

こんにちは。BeBRAVE.Sビーブレイブエスの明正明美(みょうしょうあけみ)です。

なんだか1年のサイクルがすっかり早くなっています。

といっても1年が360日とかに短縮されたわけではなく、暑い時期が増えているのですね。

桜の開花が早くなり、そして梅雨入りが早くなる…といったかんじです。

ついこの間が母の日だったような…

ワーキングマザーのみなさんののなかに、お子さんからカーネーションをプレゼントされた方はいませんか?

切り花だったり、鉢植えだったり。

鉢植えだと一つの茎にいくつもの花が咲くスプレータイプであれば、6月末まで花が咲き続けますよ。

夏を越して秋になればまた咲きますし、来年も咲きます。

まるで花に詳しいかのような書きっぷりですが、実は娘からもらったカーネーションが1週間ほどで元気をなくし、慌てふためいてネット検索して、なんとか生き返らせたという、植物を育てるのが不得意な人間です。

ゲキハナさんという花屋さんが動画でカーネーションの育て方を教えてくれました。

母の日にもらった、ステキな鉢植えのカーネーションを枯らしてしまう残念なママが多いそうです…

ラッピングがすてきなのでついついそのままにして、室内に置き、時々水やり…という人が多いようですが、これだと必ず枯れるそうです(笑)

カーネーションは水と太陽の光、風といった外の環境が大好きな花らしいです。

植物にもいろんな性格、性質があり、その特性を知って育てないと全然ダメなんですね。

人間とまったくいっしょです!

当たり前のことなのに、たまたま室内で、時々の水やりで長く成長している植物があるからって、同じようにしてたら、そういう環境が合わない、気に入らない植物は枯れてしまうのです。

当たり前のことなのに、意識しないとできないのです。

当たり前のことができない。

反省するとともに、そういうものなのだと受け入れる必要性もこのカーネーションの件でわかったのです。

子どもができていないことでよく怒っていたから…

では、気を取り直して、ゲキハナ古屋悟司さんのカーネーション講座を動画で見て、カーネーションを長持ちさせよう!

来年、そのカーネーションを見て、お子さんと、「そういえば、去年は~~だったよね~」とか、話を弾ませることができたらとってもステキですよね!願わくば、コロナがすごかったよね~なつかしいね~なんてことになったらいいのですが…

カーネーションの育て方 鉢植えでもらったら長持ちさせて秋にも花を咲かせるテクニック
カーネーションの植え替えはこちら質問できる!公式LINEのご登録はこちら!カーネーションの鉢植えを母の日にもらって育て方がわからずに枯らしてしまう人がとても多いです。もしかして、お部屋に置いてませんか?もしかして、土...