教育とは

お知らせ

子どもに対し、どこまで厳しくしたらいいか迷ったときは…

「かまいすぎる」「甘やかしすぎる」「厳しすぎる」「無関心すぎる」4つの「すぎる」の弊害を中谷彰浩さんが、お母さんに寄り添ったあたたかい目線で説明してくれています。甘やかしすぎると子どもは反抗的になるが、反抗的になってつらいのは子ども自身、との言葉はお母さんに効きます。
お知らせ

「できる」って、うれしいこと。「みてもらう」って、もっとうれしいこと!

「できる」って、うれしいこと。「見てもらう」って、もっとうれしいこと。大人だっていっしょ。ほめる、が足元にもおよばないぐらいの最強のうれしさ。発表会や授業参観、運動会など子どもの晴れ舞台に行けなくても「できたことを見てあげる」ことはいつでもどこでもできます。
お知らせ

数学なんて怖くない!女子のためのキュートな数学入門書があります!

算数でつまずいて、数学が大嫌いになって、数学と聞いただけで「もうダメ」となってしまう女子は多いです。(逆に数学ができるってだけで「かわいくない」レッテルを貼られたり…) 女子が数学とねじれた関係になってしまうのは両者をつなぐ女性の先生が少ないからです。でも、ネットや書籍の中には、そして世界に視野を広げればすばらしい先生はいますよ!
お知らせ

知育玩具・教材はなくてもいいし、むしろ害になるものが多いのです。

子の成長を早く早くと願うのが親というものです。知育玩具・教材にハマるのもわかります。でも、無理してお金をかける必要があるのか、本当に子どものためになっているのか、検証してみましょう。目の前のお子さんと5分でも10分でもいいから、いしょにリ遊ぶ、リアル体験をすることが知育玩具・教材を与える以上の効果があるかもしれませんよ。
お知らせ

奨学金を借りる前に制度を理解し、なんのためにお金を借りて進学するのか考えよう。

奨学金を恐れず侮らず、しっかり制度を理解しよう! そして、なんのために奨学金を使って進学するのか、親子でしっかり考えよう!お金を借りて大学へ行ったって、卒業できなきゃ借りた意味はないし、借りたものはいずれは返さなきゃいけない。これ、当たり前。
お知らせ

イライラしない子どもを育てるにはどうしたらいいか?

イライラは、人にしてもらうことに慣れることから生じます。自分の思い通りにならないときにイライラつまり、イライラは甘えから生じます。パパのイライラも同じです。ママがやって当然と思っているので、自分の意をくんでいないと感じるときにイライラするのです。レストランでのママの一括オーダーはやめましょう。
お知らせ

わが子の専門家はあなたですよ。

スマホで育児情報をちゃちゃーっ調べて、目の前のわが子が情報内容と一致しないからって不安になっていませんか?どこの誰が何を根拠に方かわからないような情報をうのみにしないで、目の前のわが子をちゃんと見よう。わが子の専門家はあなた自身ですよ。
お知らせ

子どもはアナログ対決ゲームが大好きです。10分の真剣勝負で十分です。

子どものゲームに悩むお母さん、子どもはアナログ対決ゲームが大好きです。10分間だけでも真剣勝負の相手をすれば子どもは大満足です。 子どもがゲームをしていればか家事もできる仕事もはかどる…と思うかもしれませんが、いずれ子どもは親から離れます。子育ての極意は子離れです。親は一人で過ごす練習をしましょう。
ブログ

私は尾木ママこと尾木直樹さんを教育者として高く評価しています

尾木さんは6年ほど前、わが子の入学式のために自分が担任を務める高校の入学式を欠席した教員を、教員としての自覚・配慮が足りないとして自身のブログで批判し、すさまじい攻撃を受け、ブログは炎上しました。私は教員の働き方改革は民間企業に先がけて実施すべきと思いますし、給特法を憲法違反と思っていますが、それでも尾木さんを支持しました。今も変わりません。